読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

養分

愛は~っ!鳴りやまない歌ぁっ…!愛は~っ!導きの扉っ!

BRM319横浜あおばスーパー200 鶴鶴鶴

www.vcraoba.yokohama

 

f:id:cacao_pero:20170327003632p:plain

スーパーな坂しかない。

 

■ Start 沢谷戸自然公園 ~ 通過チェック 巌道峠 (49.3 km)
最初にして本ブルベ最強の峠である巌道峠(2.1km 平均勾配15%)
巌道峠までは体力温存しておきたいなあという気持ちはあれど、実際は道志みちまでのアプローチや道志みち本体(両国橋からの登り返しとか)でジワジワ脚を削られる。

写真もないしGoogleストリートビューもない(そもそもGoogleMap上では道が存在していない)ので様子を伝えられないのが残念だけど、道志みちから逸れて50mくらい進んだら急に壁が出現して1ケイデンスごとに気合を入れないと脚が回転しなくて落石はすごいし洗い越しはあるし道は狭くてガードレールがなくて落ちたら死ぬようなところが巌道峠。

たった2kmに30分近くもかけて登ったら峠への入り口間違えた方が何人かいて「写真チェックの場所どこですか?下!?ウワァー!」ってなりながら下ってた。がんばって。

自分は自分で下りで稼がないとという気持ちがはやり過ぎて石に乗り上げスネークバイトというお手本のようなパンクをする。
このチューブ交換でバーチャル貯金が一切なくなりこの後常にタイムアウトに怯えて走ることに…

 

■ ~ PC1 セブンイレブン都留井倉店 (76.7 km)
巌道峠を終えてあとは下り…といかないのがあおばのブルベ。少し下って新金波美トンネルまで登り返す。

そのあとは秋山村中心部まで出て下り…ではなく新雛鶴トンネルまでまた登る。
最初の20km過ぎてから上りと下りしかなくて厳しい。ついでにクローズ時間も迫ってて厳しい。(貯金約20分)

 

■ ~ 通過チェック 談合坂SA下り (98.0 km)
PC1からはしばらく下り基調で鳥沢でR20逸れてからはちょっと上るくらいだったよな…って思ってたら全然ちょっとではなくかなり登ることに…(2km 平均勾配8%)。
とっくの昔に脚は使い果たしてるので絞りカスみたいな速度で登坂して息も絶え絶えで談合坂SAに到着。
自転車でサービスエリアに突入するワクワク感的なものはあったものの、それ以上に疲れてて頭が回らずSA内の売店を求めて彷徨う。露店ありスタバありドッグランありでちょっとした田舎のイオンみたいになっててみんな楽しそうな中、グロッキーな顔をして補給を求める反射ベストのお友達御一行はちょっと面白い光景だった。
貯金は相変わらず20分しかないけどこの先50kmコンビニがないので自分も補給。まだ100kmしか走ってないのにこの疲労具合+この先のコースのことを考えると本当にタイムアウトしてしまうのではないかと不安になる。

 

■ ~ PC2 セブンイレブン奥多摩古里店 (153.0 km)
ラスボス鶴峠。小菅村から上ったことはあるけど反対側から上るのは初めて。
ルートラボで見た感じだと1つ目のピークまでは楽…だと思ってたらピーク直前2km付近から10%程度の直登が始まって死ぬ。
1つ目のピーク下って鶴峠本体まではそんなになかったはず…と思ってたらそこそこ長くて死ぬ。
自分を抜いて行った参加者が気が付いたら真上にある道にいるのを見た時は心が折れそうになったけどサイコンの距離を見ながら無心でなんとか鶴峠をクリア。やっぱり頂上で貯金20分くらいだった。

 

■ ~ Goal 三輪コミュニティセンター (205.8 km)
PC2の時点で貯金1時間あることを確認しようやくタイムアウトの影から逃れることができて安堵。したのにアホだから下りは踏んでしまうんだけど継続して踏む力が終了してて10秒踏む→休むの繰り返ししかできない。
それでもそれなりの速度で進むので下り基調信号少な目というのはストレスがなくていいですね。

なんて考えてるうちに多摩モノレールが出現して百草園を抜け尾根幹を横切り渋滞にハマりつつゴール。


スタッフさん「明日(道志みち200)もエントリーされてる方結構いますよ」
ぼく「えっすごいですね」
スタッフさん「でも明日は楽なコースですよ」
ぼく「や、河口湖まで行って帰ってくるだけとはいえ獲得標高3000mありますよね」
スタッフさん「HAHAHA」
みたいな会話が行われてやっぱりあおばは何かおかしい。

 

■まとめ
・インナーローが 39*28 で山岳を戦うと脚が取れそうになるのでせめてフロント36Tを入れましょう。
・最初に激しすぎる峠を通ると10%くらいまでの斜度なら「楽な方」と精神が錯覚する。
・あおばスーパーシリーズ完走できたという自信がついた。
・300、400、600のスーパーシリーズ完走の自信がなくなった。
・VCR横浜あおばのスタッフさんありがとうございました。

走行距離:207.22km
走行時間:9h 46m 15s
平均移動速度:21.2km/h
獲得標高:3499m